"DK"TimeLine

20代後半、会社員として働きながら色んな事に挑戦

宅地建物取引士がおすすめ資格な理由

Sup

 

宅地建物取引士

通称

宅建

 

みなさんも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

どんな資格なのーってのはこちらのURLに丁寧に書いてあるので各自調査!

宅建とは? 宅建士の仕事とは?資格概要・仕事内容を徹底解説!|資格の学校TAC[タック]

 

簡単に言うと

宅地と建物を取引する時に必要な資格

です。

そのままですねー

 

・独占業務があるので資格を持っている人しかできない業務がある

宅建業を営む会社は5人に1人は専属の宅地建物取引士をおいておかないといけない。

 

こちらの2つだけでもおわかりかと思いますが、就職や転職にプラスになります。

会社によっては資格手当などでお給料がUPすることもありますよね。

 

一方この宅建、来年約3万人の方が合格しており、すごく珍しい資格でもないことは事実です。そりゃあ税理士や弁護士の資格に比べたら大したことないかもしれません。

でも、毎年15%ほどの人しか合格できないってことは85%の人は涙してるってことですよ?

そう考えると自信になりませんか?

 

そう

宅建を取得することのメリットは上記の内容ももちろんなのですがしっかりと勉強して国家資格を取得できたという自信を得ることだと思ってます。

 

宅建は簡単だと言う人がいます。

確かに簡単に思う人もいるでしょう。

 

例えば学生時代に1クラス30人の学級で成績上位15%は上から5位までには入っているということです。

頭がいい人からしたら上位5人はそこまで難しくないかもしれませんが大抵の人はそこまで簡単なことではないのではないでしょうか?

 

そう考えると難しい資格ですね。

 

でも安心してください!

 

大して頭の良くない私でも合格できました。

 

それはなぜかというと宅建はとりあえず受けておけ、といった層が一定数います。

それは宅建の性質として、業務を行う場合5人に1人の割合で宅建の資格を持っている人がいないといけないため、会社で必ず受験させられます。大して勉強してないのに受験する層がいるのです。

また、何か資格とりたいなー、とりあえず宅建受けてみるかー

の層も一定数います。

 

そうすると本気で合格を目指している層だけで数字を出したらもうすこし合格率は高くなると思います。

 

あくまで私の予想ですが、あながち間違っていないと思ってます。

 

試験を受けると決めましたか?

しっかりとした決意があれば受かる資格だと思います。

逆にとりあえず受けてみるかでは先に述べたように元々賢い部類の人以外は厳しいですね。

 

次回からは私がどのように合格したかをお話ししたいと思います。

 

でわ